新卒の就活、就職なら名大社新卒ナビ2023

通知がありません。

【わたしの仕事】 新たな精密切削工具を生み出すための試行錯誤を繰り返す研究開発。大学や研究機関との共同開発にも携わる4年目。

社員の顔写真

株式会社イワタツール

イワタツールの先輩にインタビュー。この記事では、入社4年目、研究開発課技師の新帯康生さんにお話を聞きました。知恵を絞り新しい製品、新しい製造方法を考え出すイワタツールの仕事の面白さをのぞいてみましょう。

 

 

新帯さんのお仕事の内容を教えてください。

 

研究開発課で、主に新しいドリルを作るための加工テストなどを担当しています。当社では、いずれも高品質を誇るオリジナルのカタログ品や、お客様からのオーダーメイドで作る一品一様の製品など、多種多様な精密切削工具を製造しています。私が任せてもらっているのは、新しいカタログ品のドリルが多いです。社長とも意見交換しながら、そのアイデアにも刺激を受けて「どんな製品がいいか。どうすれば形にできるか」を考えて、試行錯誤を繰り返します。最適な素材や加工方法を見出し、CAMプログラミングをする。さらに、出来上がった試作品の回転や送りのスピードを調整して、様々な組み合わせを試しながら性能を確認していく。そうして求められる新しい精密切削工具を生み出しています。

4年目になって、外部の研究機関や大学との共同開発に携わる機会も増えました。新たな工具のコーティング技術の開発、新しい形状の工具の加工シミュレーションなど、私がメインの担当となってやり取りをさせてもらっています。さらに、特許の申請に関わる仕事も経験しました。担当できる業務の幅の広がりを実感しています。

 

 

自社の新製品を作り上げるお仕事は、おひとりで担当されるんですか?

 

開発は、社長と相談しながら進めていきます。加工テストをして、結果を共有しながら、「こんな仕様も試してみよう」「回転と送りをこの速さでやってみたら」など、アドバイスをいただいています。社長はとても頭の回転がはやい人で、パッと判断する力がすごいです。直々にたくさんのことを学ばせてもらっています。

当社には、「理系バイト」という形で一緒に働いてくれている大学生がいます。年々、技術レベルが上がって、お願いできることも増えました。最近は、試作品のテストの実施からデータ処理まで、一連の業務をお願いすることも。サポートしてくれる人いるおかげで、自分自身は新しい仕事に力を割けるようにもなりました。アルバイトといっても、製品開発、最新機器による加工などが経験できることもあって意欲的な人が多く、助かっています。

 

社長のノウハウや視点を直々に学べる環境なんですね。新帯さんは、入社してからずっと研究開発の仕事に携わっているのでしょうか?

 

そうですね。1年目から加工テストに関わらせてもらう機会はありました。とはいえ、最初は研修で基本的な知識を身につける時間もありましたよ。私は、理系の中でも電気電子を専攻してきたので、実は機械加工は専門外だったんです。ただ、CAMの制御プログラムなどを組む情報系のスキルにはもともと関心があって、実際にやってみてやっぱり自分に合っていたなぁと感じています。マシニングセンターの設定や操作の仕方は、新入社員研修の一環として、そのマシニングのメーカーの方に教えてもらえたので不安もありませんでしたね。

それから、1年目、2年目は、精密切削工具を量産するにあたって、設計通りに製品が加工できるよう機械などをセッティングする業務もよく担当しました。きちんと良品が作り出せるよう設定して、あとは加工担当の方にバトンタッチをする役目です。こうした業務を通して、いくつもの機械の扱い方や、仕事で必要な知識を一通り習得しました。

 

仕事のやりがいや面白さをどのように感じていますか?

 

加工テスト中は、指示通りにこなすだけでなく、結果を分析しながら「次はどうしようか」「ニーズを満たすためにどうしたらいいか」など、自分自身で考えると、工夫すべき点がたくさん見つかります。どうしようかなと悩むことも多い。けれど、そうしてあれこれ試しながらゴールを目指すのは面白いです。ものづくりに携わるものとして、自分の考えに沿って製品が出来上がるのはやっぱり嬉しい。1年目からそうした考えるものづくりの経験が積める環境はイワタツールの魅力だと思います。

 

自分の頭で考える機会が多いと、技術者としてのセンスも磨かれていくのでは?

 

それはあるかもしれませんね。でも、感覚に頼る前に学ぶべき知識がたくさんありますから。その点、社内の本棚には社員が自由に利用できる専門書がたくさん並んでいます。迷った時にはまず自分で調べることを大事にしていますし、そのニーズに応えてくれるツールは揃っている職場ですよ。仕事の仕方にも決まったレールが引かれている訳ではないので、自分から動くほど楽しくなるはず。

 

今後の目標を教えてください。

 

4年目までにいくつもの機械の扱いを覚え、社内でも一番多くの機器を使っているかもしれません。基本的な使い方だけでなくマニュアルを読み込んでいくと、できることがどんどん広がっていく。イワタツールでは、毎年のように新しい機器も導入しています。自分自身のためにも、あるいは理系バイトの大学生に使い方を教える上でも、使い方を熟知しておきたい。知識や技術を積極的に自分のものにしながら、さらにノウハウに厚みを持たせていきます。

 

株式会社イワタツール

ものづくりに携わるなら、自分の手で世の中にないものを生み出したい。イワタツールでならその希望が叶えられます。私たちは、ドリルで世界を変えてきました。スゴ腕の職人も、高性能の機械も、思った通りに加工できる道具がなければ、理想のものづくりを実現し得ません。イワタツールは、精密切削工具をつくり続けてきた会社です。私たちにしか作れないドリルがある。私たちのドリルがなければできなかったものがある。きっとまだ知らない世界一のものづくりをぜひとも知ってください。

愛知県名古屋市守山区花咲台2-901-1

  • 若手が活躍
  • 地元産業に貢献
  • 理系学生歓迎
  • 技術力に強み
  • 商品が魅力

この会社の他のフィード記事OTHER POST

すべてを見る

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

トップへ戻るボタンTOP

簡単登録で、今すぐはじめよう!

"新しくなった"新卒ナビで
あなたが輝ける企業探しを!

学生の声を反映し、より使いやすくリニューアル!
気になる企業をフォローしてチャットでやりとり!
イベント会場でのエントリーもスマホでスムーズに!