新卒の就活、就職なら名大社新卒ナビ2023

通知がありません。

【1年目の仕事】物流拠点のお仕事は、小さな工夫の積み重ねが面白さにつながる!!

社員の顔写真

名阪急配株式会社

名阪急配の先輩社員にインタビュー!

 

2021年入社、桑名定温センターで働く濱口ひよりさんに、入社動機や1年目のお仕事について聞きました!濱口さんの今は、これから入社するみなさんの未来の姿。名阪急配の職場環境や仕事の面白さのイメージを膨らませてください(^^)

 

 

まずは、濱口さんの入社動機を教えてください!

 

就職活動では、一緒に働く人に注目して採用試験を受けてきました。そんな中で、人柄採用を掲げる名阪急配にも興味を持ったんです。説明会では働きやすい環境づくりの話があり、人事担当者の先輩もすごく気さくで話しやすかった。

 

不安や疑問に思ったことも親身に受け止めてくれて、いろいろと相談に乗ってもらえました。社長も説明会などでユーモアのあるお話をしてくださって。人の良さを一番実感できたので、名阪急配に入社しようと決めました。

 

これから名阪急配と出会うみなさんにも人柄を注目してもらえたら嬉しいです!

 

 

―1年目のお仕事について聞かせてもらえますか。

 

最初は物流拠点で荷物の仕分け作業を行い、現場がどんな仕組みで動いているのかを働きながら学びます。最初の2ヶ月は名古屋港の冷凍倉庫で研修として働き、その後、桑名定温センターに配属になりました。主に、コンビニエンスストアに運ぶ食料品を、各店舗の発注に基づいて台車へと積み込む作業をしています。働きながら物流の裏側をしっかりと理解できて、興味深くもあり、自分たちの仕事の責任の大きさも感じています。

 

 

仕事はどのように覚えていくのでしょう?

 

仕分け業務を行いながらひとつずつコツを身につけています。一緒に働くパートさんたちが現場での先生です。ただ商品を運んで積めばいいわけではありません。

例えば、複数人で作業するので、他の人のペースに合わせてスピードや運ぶ量を調整する。柔らかいものが潰れないように積み方を工夫する。効率的に仕分けできるように、台車には高いものを奥に、引くものを手前に並べて運ぶ。

仕分けた数やミスの回数が数値ではっきりと分かるようになっていて、ちょっとした工夫で作業量が増えていくのも、ミスが減るのも日々のやりがいになっています!成長できたなって嬉しくなりますね。

職場には、私の2倍のスピードで仕分ける先輩もいるので、動きを見習いながら追いつけるようになりたいと思っています!

 

 

総合職なのでゆくゆくは現場を管理する立場になるんですよね。意気込みを聞かせてください!

 

現場では年齢層も幅広いたくさんの人が働いています。スムーズに管理するには、一人ひとりどんな人なのかしっかり知らないといけません。私自身、先輩やパートさんに見守られ、育ててもらっているので、積極的にコミュニケーションを取りながら、良い関係性をコツコツと築いていきたいです!

 

名阪急配株式会社

コンビニやスーパーで欲しいものがいつでも買える(/・ω・)/ そんな、当たり前の日常を創るのがメイハンです!!食料品から自動車部品まで、いくつもの大手企業様から物流拠点の運営をお任せいただき、幅広い業界において「ものを運ぶ」というコロナ禍でも止まらない必要不可欠な仕事をしています(^^) 責任重大な役割を担っているからこそ、倉庫の運営を管理する社員には、適切な待遇を整備。率先して体を動かして間違いのない正確な仕事をコツコツと続けられる、真面目な人を必要としています!!!

愛知県春日井市東野町9-7-1

  • 若手が活躍

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

トップへ戻るボタンTOP

簡単登録で、今すぐはじめよう!

"新しくなった"新卒ナビで
あなたが輝ける企業探しを!

学生の声を反映し、より使いやすくリニューアル!
気になる企業をフォローしてチャットでやりとり!
イベント会場でのエントリーもスマホでスムーズに!