新卒の就活、就職なら名大社新卒ナビ2023

通知がありません。

【私たちの信念】 国からも認めれらたSDGs推進事業の実績。ビジネスを通した社会課題の解決に取り組み続けていきます。

社員の顔写真

三承工業株式会社

三承工業専務取締役 佐合秀昭さんへのインタビュー。社会に新たな価値を生み出す事業の礎となっている経営理念、これまでの実績とこれからのビジョン、などを語っていただきました。

 

 

全ての皆様に感謝の心で

愛情と思いやりのある人・物創り

 

当社が創業以来の経営理念としてきた言葉です。当社の変化を少し振り返ってみると、もともとは下請けの建設業者として、朝早くから夜遅くまで働くのが当たり前のハードな職場でした。けれど、それでは働く人にとって愛情ある職場とはなり得ない。職場と事業のあり方を問い続け、徐々に変化を重ねてきました。

こうした中で、代表はじめ私たちの指針となったのは、「社会課題の解決とビジネスを結びつける」という考え方。子育て中の女性が離職しなくてもキャリアを継続できる会社。多様な働き方を容認し、誰もが活躍できる会社。「女性活躍推進」「働き方改革」といったワードが一般的なものとなる前から、社会で課題とされる社内の環境改善に取り組んできたのです。「カンガルー出勤」はその代表的な成果のひとつ。

 

近年では、持続可能な社会に向けた開発目標であるSDGsの推進に積極的に取り組んでいます。事業それぞれと17の目標とを明確に結びつけて展開。近年の代表的な実践として、夢ハウスのモデルハウスを緊急時の避難所として提供する準備、学校と連携した小学生の防災意識向上のための事業などがあります。ここでは語り尽くせませんが、新聞などでも度々取り上げていただき、社内にも掲示しています。ぜひご興味ある方は、もっと詳しい話を聞きにきてください。

 

こうした事業を認めていただき、2018年度には建設業者として初めて、外務省の「SDGsアワード」で特別賞を受賞しました。国のパートナーとしてSDGsの普及にも関わっています。一方で、経営層だけでなく、ボトムアップで新しいアイデアが次々と出され、先述した小学生向けの事業も社員が考えたものです。社内のダイバーシティー推進室のメンバーは、建設業界向けのSDGsコンサルティングの仕事も請け負っています。

 

当社の今後として、社会課題に応える事業は継続していきます。コロナ禍への対応が求められているように、時代の流れにそくした取り組みも必要でしょう。さらに、地域に人が集う場を設けようとキャンプができる施設を独自につくり、行政との連携もできればと考えています。住宅にとどまらず地域のつながりづくりにも注力していくかもしれません。同時に、企業としてのスケールは大きくしながら情報も目指したい。単なる事業拡大ではなく、本質的な価値創造を伴う成長を遂げていきたいです。

 

そんなフィールドでみなさんにもぜひ三承工業の新しい価値を生み出してもらいたい。機械的に作業をする人ではなく、自ら動きを起こせる人にきて欲しい。社会課題の解決を目指す私たちの事業に興味をもってもらえたなら、まずは一度お話をしましょう。私たちは口先だけでなく、本気で世の中を変えようと動いています。

三承工業株式会社

三承工業は、戸建て住宅、外構など住環境に関わる事業を展開してきました。では、「建設事業」を展開する会社なのかというと、少し違うのかもしれません。みなさんにもっと知って欲しいことがあるんです。私たちが追求するのは、ビジネスを通して、社会課題を解決し、社会に有益な価値を創造する事業のあり方。建設の専門性は生かしつつ、その力を社会のために使う道をカタチにしてきました。SDGsアワードも受賞した実績ある企業です。「社会に貢献する仕事がしたい」と考えるあなたに、ぜひ私たちの思いを伝えたい。

岐阜市水主町2-53

  • 若手が活躍
  • 女性が活躍
  • 資格取得奨励金あり
  • ノー残業デーあり
  • 女性役員在籍

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

トップへ戻るボタンTOP

簡単登録で、今すぐはじめよう!

"新しくなった"新卒ナビで
あなたが輝ける企業探しを!

学生の声を反映し、より使いやすくリニューアル!
気になる企業をフォローしてチャットでやりとり!
イベント会場でのエントリーもスマホでスムーズに!